まずは物流会社のM&Aや売却とはどんなことかを解説

M&Aはこれからの企業が成長するために重要な経営手法です。具体的には、合併と買収の事です。現在の事業を拡大する場合には、合併が有効です。特に市場が飽和している状態の場合、競合する企業同士で激しい消耗戦を繰り広げても、事業拡大にはなかなか繋がりません。それよりも競合他社と合併し、経営規模を大きくするのが合併です。新規分野に参入する場合は、新しい事業を一から立ち上げるよりも、既存の企業や他社が保有している事業部門を買収してしまう方がはるかに効率的です。M&Aを行うことで、迅速に事業を拡大することが出来るのです。次に、物流会社におけるM&Aの方法とそのパターンを見て行きましょう。合併と部門売却のパターンでどのような効果が期待出来るかを見て行きます。

複数の物流会社が合併するパターン

複数の運送会社が合併するパターンでは、期待出来る効果は、顧客の拡大、経営資源の効率化などです。まず、同一業種で合併を行う場合、お互いに独自の取引ルートを持っていれば、それぞれに新規顧客が増えることになります。これは外部環境の変化で、売上増加の効果が見込めます。顧客が重複していた場合は、顧客に対しての価格決定力が増す効果が期待出来ます。これまで競合として顧客に対して行っていた値引きなどの競争費用が節減出来る可能性があります。続いて内部環境の変化ですが、こちらは、活動範囲や分野の重複する部分を効率化することが出来ます。具体的には、同一地域内の支店、トラックヤード、倉庫などの統廃合、間接部門の一本化などです。この結果として、販管費の節減効果が期待出来ます。

物流会社へ物流部門を売却するパターン

卸問屋や小売店が独自に運送部門を持っている場合があります。しかし、自社で配送を維持するのは、効率も悪く経営の重荷になっている場合も少なくありません。そのため、運送部門を売却したいというニーズを持っている会社があります。これを買収するというのが2番目の方法です。この場合、買収するのは、企業の一部門ですから、間接部門は付属していないパターンが多いです。しかし、自社の支店や倉庫などのプラットホームと重複する部分がある場合は、合併の時と同様、統廃合による経営の効率化が期待出来ます。しかし、事業買収で最も期待出来るのは、新規顧客の開拓の方です。自社の運送部門を売却してしまっても、配送業務自体が無くなるわけではありません。そのため、買収側に、そのまま配送委託される場合が多いのです。