知っておきたい物流会社のM&Aや売却を支援する業者の選び方

物流業界は再編が進み、下請けを行う中小企業はM&A による売却が増えています。これは販路拡大を目指す大手企業の目的もあって、今後もさらに加速すると予測されます。そこで知っておきたいのは、その仲介を行う業者をどのように選べば良いのかということです。このような合併では、相手企業をいかに選ぶかが重要なポイントとなるからです。会社を売り出すことには様々な理由がありますが、そこで働く従業員とその家族の生活を守りたいというのは、売り出す経営者の誰もが思うことです。そのためには、より有利な条件で手放すことができる相手企業を探し出せる仲介業者が必要となります。最初に大事なことは、しっかりとヒアリングを行なって売り出す会社の価値を十分に理解できる業者です。

どのような相手企業を探すべきなのか

M&A により物流会社を売却するために、まずはどんな相手企業を探すべきなのかを知る必要があります。会社のオーナーとしては、当然ながらできる限り高い額で買い取ってもらうことを望みます。そのためには、その会社の価値を十分に理解できるような相手を探さなければなりません。価値を知るということは、同じような価値観を持つオーナーがいるということです。それに加えて相手企業の経営上の体力や売り上げの推移、さらに市場でのシェアも重要な要素となります。また売り出す会社が持つ販路を相手企業がどれほど必要としているかも調べる必要があります。どれだけの必要性を感じているのかを確認するためです。そして大切なことは、売り出す会社が抱えている従業員の雇用が確保されることです。

支援を行う仲介業者の選び方について

このようにM&A による物流会社の売却を行う相手の条件を把握した上で、それを探し出す支援サービス業者を選ぶことになります。まず大切なことは、最初の会社の価値を支援業者自身もきちんと理解することです。どのような強みを持っているのかを的確に把握できなければ、交渉相手に伝えることができません。そしてその交渉相手に関する詳細な情報も調べることができる情報網も必要です。このような条件を満たす業者を探して依頼することが必要というわけです。マッチングを行うためには、両社の価値を仲介業者がしっかりと理解しなければなりません。その上で価格交渉も行いますし、不備がないような契約を交わすことになります。さらに従業員の生活を守るという配慮もされているかを確認することがとても大事です。